読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bukkomi部

なんでもブッこみ

推しがカノバレした

「推しがカノバレした。」

この一文だけで何がどういうことか把握できる人はおそらく舞台や舞台俳優が好きな人でしょう。“カノバレ”とは彼女の存在がファンにバレる、という意味です。こんな機会もなかなかないので、熱心なファンの一人として心境を書き記しておこうと思います。(カノバレにかっこつけた思い出話が大半です)

 

まず、自分の推しの紹介を軽く。

推し→20代前半、某雑誌から芸能界デビュー、約6年の下積みを経て近年某舞台が当たり一気にファンが増加。Twitterのフォロワー数3万人代。

 

推しの名前を仮にA君とします。

A君がこの当たり役に恵まれたのはまだ10代のころ。といっても幼少の頃に芸能界デビューしているので遅咲きといえるでしょう。有名な2.5次元舞台で新登場のキャラクターを見事射止めたA君は2年ほどで舞台俳優専門雑誌などにも特集されるほどの人気を獲得しました。自分はこの“一気にファンが増加”したとき多くのファンと同じように推しを好きになったのです。

 

つまり推しを応援するようになってからまだ2年ほど、本格的に推し始めてからは1年ほどしか経っていません。それでも自分にとって「初めての推し」と呼べる存在でした。どんなに期待できなさそうな舞台でも、推しが出演すると聞けば(たとえば個人ブロマイドにしてもらえるくらいの露出があれば)西へ東へエンヤコラ~♪

A君の色んな出演舞台を何十公演も観たうえで客観的にいうと歌・ダンス・演技どれをとっても決して抜きん出て上手いといえないレベルです。滑舌もよくはないともっぱらの評判……ファンの欲目ぬきに顔とスタイルは整っていると思います。(自分のことは何もかも棚上げしている発言)

観劇を趣味にするようになってから数年が経ちましたが、作品として舞台を好きになることはあっても特定の誰かの担当になるなんて自分とは縁がない話だな~と。思っていました。往々にしてそういう人間こそハマると泥沼、なんてのはよく聞く話ですよね。

 

でも顔が綺麗とかスタイルがいいとか、そういう人は舞台俳優さんのなかにもたくさんいます。

「推し」になるにはそれだけじゃ足りないですよね。

 

 

誰を推すのか?

皆さんが誰かを推しにするとき、どういうきっかけがありましたか?

Twitterで他の舞台俳優とリプしているのが可愛かった、雑誌でのインタビューで役に対する姿勢に惚れた、ブログが面白かった――もちろん“板の上でカッコよかった”これが多いでしょう。

A君を推すきっかけになった出世作、私はライビュも含めて14公演中12回同じ公演を観ました。その時は知名度のないA君を観にいっていたわけではなく、主演である某さんを楽しみにしていたわけですが……。

 

同じ公演を複数回みる楽しさはアドリブパート以外にも様々あります。

初日はうまくいってなかった掛け合いが段々と歯車がかみあって飛躍的な完成度になる。12公演観るというのは1日2回観ることもざらにあって、文字通り一歩ずつ進化がみえるわけです。そして迎えた大千秋楽、のちに推しとなるA君は泣いていました。大きな舞台を無事に最後まで終えられたこと、体力的にもキツイ公演を乗り越えられた手ごたえ……A君の胸に去来するものを客席にいる一観客の自分もブルブルと感じました。

 

この若い可能性の塊を応援したい。

こうやって言葉にすると随分と上から目線になってしまいますが、応援したいと思った気持ちは真剣なものでした。

そうして推しの出演作には欠かさず行き、円盤を買ってイベントに参加し、たまに更新されるSNSを楽しみにしてきました。

 

 

~カノバレは突然に~

前置きが長くなりましたが、今月推しのカノバレがありました。

若手舞台俳優がカノバレすると匿名の“批判・愚痴アカウント”がTwitterに出現、この俳優には彼女がいるんだぞ!と丁寧に教えてくれます。

 

自分は元から舞台俳優に恋人がいようがいまいが関係ない派の人間だったのですが、こんなに熱心に応援している推しがまさかカノバレするとはさすがに青天の霹靂。彼女とされる方も同じ俳優業で特定班の皆さまによればペアネックレスや特徴的な置物、身内のフォローなどが決め手だそう。

 

真偽のほどは自分にはわかりませんが、もっともらしく証拠が揃っていると信じる人も多い。そういった意味でカノバレしたというレッテルは気分のいいものじゃないですね。いや、推しにはドラマチックな恋をしてほしいし、それで演技がよくなるなら結婚も離婚もドンドンすすめてほしいのです自分は。しかし若手舞台俳優にとってカノバレというのは罪認識されていて、カノバレした舞台俳優は脇が甘い、ファンの気持ちを考えられない……等の批判を受けます。
特にA君はピュア売りしているので、一部のファンが離れるのは確実。ファンの中にはガチ恋勢ももちろんいてショックを受けているようでした。特に2.5次元舞台に出演しているような若手舞台俳優はアイドル売りしていることも多く、恋人の影を出さないでほしいというのもわかります。

 

今回、お茶の間じゃなく現場で応援していた推しが初めてカノバレして、気がついたことがあります。

若手舞台俳優にある種の清潔さを求める人がすごく多い、ということ。

舞台俳優オタ界隈でよく流れてくるブログなどはカノバレ絶対許せない派ばかりで自分のような許容派の意見はあまりみないので、この立場から書けることもあるのかもしれない、とこんなにも長文をしたためるに至ったのです。

 

もう一度、自分の立場を繰り返すと

  • カノバレはびっくりする
  • カノバレというレッテルは確かにファンとして気分よくはない
  • 担降りする人の気持ちもわかる

 

でも、カノバレを糾弾している人と自分にはスタンスに大きな溝があるみたいです。

推しが役者という職一本で食えてずっと表舞台で活躍してほしい、そのために色んな経験を積むのはいいことなんじゃないかな?少なくとも彼女がいることを否定はしたくないな、という立場です。

 

カノバレ嫌派の方にも

  • 彼女がいることが嫌
  • 彼女がいるのはわかるけどそれを匂わせるのが嫌

などなど様々な立場の人がいて一概には言えないことは理解しています。だた今回の件で舞台俳優にそこまでの清廉さを自分は求めていないのだな、と確認できました。

 

このブログはただ自分の気持ちの整理のために書いたもので、特定の立場の人を批判するような意図はありません。ご了承くださいませ。あまりまとまりのない感情のままの文章になってしまってすみません。

いつ推しが引退するかもしれないし、推しているこちら側もいつ応援できなくなるかもしれない世界。カノバレが起きたけど変わらず推しA君には頑張ってほしいなあ、と思う気持ちをここに書き残しておきます。

 

「キンプリはいいぞ」に反発していたオタクがKING OF PRISM by PrettyRhythmを10回観にいくまで

 

※キンプリ本編のネタバレ要素あり

※キンプリ初心者(ルーキー)が書いているので誤解等そっと教えてください。プリリズRL完走、Road to over the rainbow、ボーイズルート4、視聴済。

 

 

———————————————————

公開から早4ヵ月を迎えた怪物アニメ映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』、通称「キンプリ」をついに観にいってしまった。

 

「キンプリはいいぞ」

 

この一文をTwitterで何回見かけたことか!

はっきりいってウンザリしている人も多いと思う。キンプリって何ぞや?お前らはそれしか言えないのか?と。クソミーハーオタクとして乗るしかねぇこのビックウェーブに!と、バルト9へ駆け込んだのは2月の半ばごろだったと思う。

 

この度ついに10回鑑賞したので、5回目までの軌跡を簡単に紹介したあと、キンプリという作品に燦然と輝く「プリズムスタァ」の全性愛的側面についてじっくり考えたい。

 

 

1回目通常上映:映像のインパクトに圧倒される

前提知識がない人間に対して

「尻からハチミツ」

「交通ルールが学べる」

「腹筋で剣を受け止める」

言語化すると謎すぎるパワーワードを並べ(るしかない)、初見でどれだけの人が全体像を理解できるのだろうか……。ストーリーはもちろんあるんだけど、初心者には脳の処理が追いつかないので一見、関連のないものに連続で殴られているように感じた。プリティーリズム・レインボーライブから観ている方はさぞかし感慨深いものがあるだろうが、キンプリ本編60分の情報圧縮度はヤワなオタク(自分)を圧倒した。

 

今となってはその前提知識の無さが作品にとてつもない爆発力をもたらすとわかる。

キンプリは簡単に脳ミソを蹂躙してくるぞ!気を付けろ!!!

 

ここで理解というものを脇に一旦置いて、エンタメを全力で楽しもう!と観ている途中で脳ミソを切り替えた人間はきっと面白かったという感想を持つし、おそらくエンタメ耐性が高い。自らお金をだして提供されたモノはとにかく味わってみる派閥の人間なので、顎を鋭角からのアッパーで殴られ脳が震えつつもドーパミンがドパドパ出て「キンプリ=楽しい」の構図が刷り込まれた。

 

 

2回目応援上映:歴史を知る

「応援上映に行けば存分にガッハッハと笑えるのでは!?」と何の気なしに応援上映のチケットを取った。そしてその時の自分にとって不思議なことが起きる。

物語の後半に各5秒ほど、キンプリ本筋に直接関与していないピンクや赤髪の女子たちが登場するのだが、そのシーンが異様に盛り上がるのだ。1回目に観たときは他の出来事に脳のリソースを持ってかれていて、そんなシーンがあったことすら印象に残ってなかったのだが「なるちゃああ~~~ん!」「ジュネ様ぁぁ~~!!!」等、女の子が登場した瞬間から劇場の温度が2度ほど上昇した。それもそのはずでキンプリは「プリティーリズム・レインボーライブ」の男子たちがメインのスピンオフ作品なのだから、古参エリートたちが感極まるのも納得だ。このころはそういったことは意識の範疇になく、アレクとカヅキ先輩のEZ DO DANEを一番の楽しみにしていたのだが。

女子たちへの熱烈な声援をきっかけに「この作品はここに至るまでの背景があって、ただの突飛なエンタメ作品じゃないんだな」と意識が変わった。キンプリがどういう文脈で現れた作品なのか、にわかに興味がわいた。

 

 

3回目通常上映:良い意味で慣れてくる

同じ作品を2回観たとはいえ「受け身で観る」→「主体的に応援に参加する」という異なった体験をしたので本筋を追い切れておらず、きちんと作品と向き合いたいと考えもう一度だけ!のつもりで鑑賞。結果、主人公のシンくんがどれほどオバレ(先輩スタァユニット)のみならず周囲を救済しているかよくわかり、やっと「キンプリにハマった」状態になる。

加えて、だんだん細かいところが見えてくるように。シンがルヰと出会うシーン、観客の皆さまは「セーブポイント」と呼んでいるようですが「シュワルツローズ(黒い薔薇)」の岩に立っているんですよね?
自分も初めてみたときはパルシェンかな??って思ったんですが、これボッティチェリの名画「ヴィーナスの誕生」オマージュ…?

f:id:ikirukate:20160415000935j:plain

もしや2016年1月に東京都美術館ボッティチェリ展があったからとか……?「Flavor」のときのギリシャ風衣装といい、監督のなかで古代ギリシャが流行ってたとか?いや考えすぎですかね!?

ルヰくんがプリズムワールドの使者だということはほぼ確実だけど、プリズムワールドの使者に男性性が存在するんでしょうか?ピコック先生はじめとするペアともには雌雄があるようですが。ルヰくんも実は姿を変えたりんねちゃん…?う〜ん続編に期待しちゃいますね!

あと、この頃やっと曲の良さに気がついてCDを買う。ドラマチックLOVEは2016年オタクが結婚式でかけたい曲ナンバー1。

Over The Rainbow SPECIAL FAN DISC

Over The Rainbow SPECIAL FAN DISC

 

 

 

4回目応援上映:応援上映にハマる

唐突な己語りで申し訳ないのだが、自分は舞台オタクでもある。

それも2.5次元をメインに観ているのでキンブレ(ペンライト)を振ってキャーキャーする楽しさを既に知っていた。同じ作品を好きな者が集まって声を揃えて盛り上がる…、知り合いかどうかは関係ない。

ライブや舞台は演じ手が客席とコミュニケーションを取って一期一会のナマ体験が出来るが、キンプリは客と客が力を合わせて「応援」する。定番のかけ声はあるが、その時々で居合わせる客は違う。毎回違う反応を楽しめるのが醍醐味。

なにやら昨今、応援上映におけるヤジが問題になっているようだ。舞台鑑賞の場合、演じ手が目の前にいるので「変なことを言ったらヤバイ」という抑止力が働く。そういった意味でキンプリの応援上映はコミケに近いな~と感じた。スクリーンから映画は流れているが、どんな掛け声をどのタイミングでするか、ボリュームなのかは観客の良心に任されており、二次創作をしているような感覚になる。コミケには「お客様」はいない。いるのは「参加者」。だから応援上映においても行き過ぎたキャラdisや愛のない“ヤジ”は嫌厭される。観客同士の、参加者同士の意識のすり合わせをして楽しまな損。作品の規模が大きくなっているからこそ紛糾している問題だが、この新しい文化が好きなのでうまいところに収まってほしい。プリズムスタァが悲しがることはしちゃアカン……。

他にも時節のイベントに合わせて「バレンタインデー上映」や「レジェンド上映」など毎週キンプリを観にいきたくなる仕掛けが満載。

 

 

5回目通常上映:積み重ねを理解する

きっかけは「dTVで実質無料配信していたから」なのだが、ここでやっと『プリティーリズム・レインボーライブ』(通称:プリリズRL)本編51話分!を観る決心をする。

まずプリリズの説明を…

キンプリはプリリズRLの後継作品である。ティーンエイジの可愛いらしい女の子がフュギュアスケートをベースにしたショーを披露してくれる作品だ。それだけではなく、土曜の朝に放映していたとは思えないほど重い家族問題や努力/才能問題について正面から扱っており、キンプリを知らない人にもぜひ一度観てほしい作品である。

プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1

プリティーリズム・レインボーライブ Blu-ray BOX-1

 

 サイトも貼っておくので各自ご確認ください

テレビ東京・あにてれ プリティーリズム・レインボーライブ

(※画像が多用されているのでPCだと読み込みスッゲー遅い)

 

プリリズRLでは女の子が主軸だったため、どれほど「可愛い」を詰め込んだ画面を作ろうがそこまで違和感はない。

しかしキンプリはボーイズが主役である。

そういった世界中の可愛いを集めたハッピーキラメキ世界を彩っているのは男の子たちなのだ。

 

 

 

キンプリ本編はプリズムスタァと呼ばれるこの世界でいう一流パフォーマー、Over The Rainbow(通称:オバレ)のショーから始まる。

彼らの足跡を簡単にまとめたDVDも発売されているので忙しい人はそちらを確認してほしい。

ROAD to Over The Rainbow ~デビュー2周年記念DVD~

ROAD to Over The Rainbow ~デビュー2周年記念DVD~

 

このオープニングのショータイムで3人ともハートに囲まれているのだが、それを観たときに「なんて革新的なんだ!」と衝撃をうけた。男性アイドルが女の子をキュンキュンさせるために、これほど直接的にハートを振りまく表現には出会ったことがなく(他に事例が全くないわけではないかもしれないが)、そのラブリーさを新鮮に感じた。

他にもEZ DO DANCEでのダンスバトルでプリズム空間を通して戦闘服(?)へ、ハートの魔方陣を通って変身するのはプリリズからの流れと言われればそれまでだが……。シュワルツローズ(主人公側からみて敵対組織)所属のヒール役であり筋肉ムキムキな大和アレクサンダーまでハートの魔法陣を通過しないといけないラブリーさは特筆すべきだと思う。

 

KING OF PRISMという作品がこれだけウケた理由として全性愛的なスタァ」の存在があるんじゃないでしょうか。

少なくとも自分は好き(になりそう)な作品にジェンダー差別的表現がありそうなら避ける。現実世界では男女のみならず同性が愛し合うことが日本の一部行政ですら認められているのに、好きになるのは異性しか認められないというのはかなり窮屈に感じる。少なくとも自分は現実世界より自由であることを許されている物語世界においてそんな制約を感じたくない。そうした考えがあると、ハマれる作品というものもまだ限られてくる。悲しいことだが、物語からジェンダー差別を感じ取るとその世界観にどっぷり自分を浸からせることが出来ないのだ。

 

プリリズ3作においてのテーマを【人間賛歌】であると菱田監督は仰っている。

人間の営為に愛はつきもので、かつて三強と呼ばれた氷室聖も天羽ジュネというかつてのプリズムワールドの使者と結ばれ、同じく三強の黒川冷も荊 千里/モモというペアとも(人外)と心を通わせている(ように見える)。

 

男の子がハートを胸から出してもいいし、人間じゃないものを愛してもいい。

性別も種族も自分が愛する者なら関係がない。
何者でも愛してもらえる、何者であろうとファンなら虜にしてもらえるという安心感。

(キンプリ本編では確認できてないがプリリズRLではモブ男性ファンの姿も見受けられるし、カヅキ先輩のインタビューでは男性ファン層の存在も確認できる)

 

キンプリという作品を大きく貫いている人間愛・全性愛的な温もりに気づいたときに、自分でも意識しないうちに10回も映画館に通っていた。


キンプリに出会えたことは21世紀で最高ので・き・ご・と♪

願わくば、続編が公開されるまでずっと「KING OF PRISM by PrettyRhythm」が映画館で上映されていますように。

劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc

劇場版KING OF PRISM by PrettyRhythm 初回生産特装版Blu-ray Disc

 

 公式サイト 

なんでもブッこみ

簡単なご挨拶

特にお知らせするほどでもないのですが、このブログは問題提起だけに使おうと思っていたわけではなく、趣味のアレソレを書く場所にしようと思っています。

1番初めのエントリーに自分にしてはかなり真面目なことを書いてしまったのですが、今後あまりそのようなことはないかもしれません。そういったものを目当てに当ブログにお越しいただくのも申し訳ないので「今後好き勝手にやってきます!」宣言を。

 

傾向としては舞台・アニメ・ゲームなどのエンタメ感想備忘録になる可能性が高いです。ご了承くださいませ。

その他、BL漫画感想ブログを細々としているので、もし見つけたときはそちらも宜しくお願いします。

 

有尾

 

大洋図書の商業BLを不買する前に

個人的に見過ごしがたいことだったため、このエントリーを書くことにしました。

2/10に話題になったミリオン出版大洋図書の話です。

 

簡単なあらましはこちらから

ミリオン出版「封印発禁TV 素手喧嘩SP」 無断転載の指摘に「事実関係を確認中」(ねとらぼ) Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000100-it_nlab-sci

 

 審議等は追って発表されるようなので、そちらを待つとして。

 

 

大洋図書とは?

「ガイアが俺にもっと輝けと囁いてる」というキャッチコピーで人気の『MEN'S KNUCKLE』等のファッション誌を手がける一方で『ihr HertZ』といったBL漫画を多く扱う出版社でもあります。

具体的な数字はわかりませんが、とにかくBL作品の収益なしでは成り立たない会社だということだけ頭に入れていただきたい。

 

 

『封印発禁TV』というあからさまなゴシップ雑誌がTwitterで話題になってから、こんな呟きをたくさん見ました。

大洋図書ってBL出してるとこじゃん?うわ○○(作品名)買うのやめよ…」

 

いや、もしかしてそれ誤解では!?

 

 

こちらの公式サイトにある組織図をご覧ください

f:id:ikirukate:20160211025059j:plain

 

大洋グループ TAIYOH GROUP

つまり、ミリオン出版は大洋グループの別会社。BL部門と横の繋がりはありません。ミリオン出版は制作、親会社である大洋出版はそれを販売、というカタチなので当該誌を流通にのせる前に精査しているとは思えません。

 

同じグループといえど、会社が違えばどのような内容の誌面をつくっているか知るのは難しいはずです。雑誌発売前にB's-garden編集部(BL部門)が把握していた可能性は低いと呟きからもうかがい知れます。

 

問題をおこしたのはミリオン出版です。

事実確認が済み、著作権法違反であれば大洋図書は販売元・親会社としての責任を果たす必要があります。

しかしB's-garden編集部の作品まで枠を拡大して不買するのは、とばっちりでは?

 

私自身は「大洋図書のBL作品」を不買しようとは思いません

安易な不買は作家さんを苦しめます。

あくまで冷静に、今後の対応を注視してからどうするか決めても遅くないはずです。

もちろん大洋図書の対処次第では今後、自分も穏健派から転向します。

 

 

中小出版社は体力がないので、本格的な不買運動がおきたら簡単に潰れてしまうでしょう。

もう何年HertZ読者をしているか覚えていませんが、いまHertZはフレッシュな力のある若手作家がたくさん在籍しています。
BL界の次世代を背負う層がのびのびと豊かな土壌で育ちつつある。

ihr HertZ(イァハーツ) 2016年 03 月号

ihr HertZ(イァハーツ) 2016年 03 月号

 

 本当に個人的な願いですが、そうした作り手たちの活動の場を無くすようなことにはなってほしくない。さらに、BL実写映画化の分野でもB's-garden編集部は旗手として活躍しています。

 

 

願わくば、このエントリーを読んだ方が大洋図書のBL作品不買について、少し立ち止まって考えてみる材料になりますように。